水虫にならない10つのコツと、水虫がうつった時のアドバイス【カビ菌あるある】




皮膚科のお医者様が教える、湿疹とカビの見分け方]では、カビの種類にはいろいろあるんだよということと、代表的な白癬菌-はくせんきん-とカンジダについてお話しました。今回は治療方法や注意点などをお話ししていきます。




🔵アトピーに強いお医者さん/信用できる皮膚科医SONOKO[2]


水虫の薬の使い分けと注意点


カビの薬には、液体・クリームタイプ・飲み薬とあらゆる種類がありますが、基本的にはどの薬も効くと思っていて大丈夫です。部位によって使い分けをするのが基本ですが足爪のみ液体タイプを使用します。

これは――水虫菌は角質の中で生きて増えているのですが、爪水虫の場合は爪が白く分厚くなっているためクリームだと中にまで浸透しにくいのです。そのため、液体タイプを使用します。

最近はハケがついた液体薬も出ており比較的よく効く印象がありますが、あまりに難治の場合は飲み薬で治療することもあります。ただし!

飲み薬は肝臓障害が出てくる可能性もあるため1~2か月に1回の採血で副作用の有無をモニターする必要があり、高齢者や肝疾患がある人には向きません。


爪以外であれば、基本的にはクリームタイプでよく効きます! あとはどれだけ清潔を維持するか、忘れずに薬を塗るかがポイントになります。以下、気を付けることと治療のポイントを簡単に列記したので参考にしてくださいませ。

スポンサードリンク




水虫に感染らないように日常生活でできること


水虫はやはり足から感染ることが多いので

  • 足の指の間、足の裏はむれやすいので毎日石鹸で洗う。
  • その上でしっかりと水気をふきとり、乾燥させましょう!!
  • 同じ靴を毎日履かない。 ※1日履いたら3日間は陰干しを
  • お風呂屋さんや温泉などの共有バスマットは、出来る限り使わない。
  • 汗をかいてむれる部分(わき・陰部・胸の下など)はこまめに洗い、しっかりと汗をふきとる。
  • カビに感染してしまっている人の治療方法と気を付ける点
  • 皮膚科で処方されるであろう塗り薬(爪は液体orのみ薬、その他部位はクリーム状の塗り薬)は、必ず入浴後に1日1回外用すること。
  • 足水虫で足指1か所にしか症状がなくても、出来れば全足指の間と足裏にバーッと塗ってしまう方が、他の部位に感染しにくいかと思います。
  • 足爪は角質が厚く薬が浸透しにくいこともあり、根治には時間がかかる(半年~年単位)と思っていてください。なので自己判断で外用を止めないようにしましょうね。
  • 家族に水虫感染者がいても、洗濯は別にする必要はありません。


最後に、私が皮膚科日常診療で感じた「カビあるある」を少しご紹介いたします。※あくまで私個人の感じたことです


-春乃れぃの最新作- 


   



カビ菌あるある~皮膚科医の日常診療から


首まわりにカビ菌がいる若い人や学生と対面すると、SONOKOは思ってしまう……「この人はレスリングか柔道部かな? それともアメフト??」

 ▷▷理由:首元や体をぶつけあい、皮膚がこすれあるスポーツだから。


胸の下がかゆくて赤いんですけど、ステロイド塗っても治らないんですという女性を診療するとSONOKOは思ってしまう……「この人、おそらく汗っかきで巨乳なんだろうな(うらやましい!)」
 


一年中、足がグジュグジュしているという人を診療するとSONOKOは思ってしまう……「この人、薬をまじめに塗ってないなー。または、長靴や作業靴を履く職業かしら?」


などなど、私はこんな風に日々推理して診察しております。笑

梅雨が始まり梅雨明けが近づき、いよいよ夏本番になってきました。※2017年7月17日に寄稿された原稿です
 皮膚科診療をしていてやはり一番多く遭遇し、誰にでも起こりうるものなのです。「まさか私がね」と思っていてもあなたのそれ……カビかもしれません! 


水虫を放っておくと本当に危険!


放っておくとそこから細菌が入って足がパンパンに腫れて入院治療をする患者さんもいますので、しっかり治療を行いましょうね。たかが水虫、されど水虫……。皆さんの夏が素敵なものになりますように。

この記事に書いてある以外で、お医者さんではなかなか聞けないことや疑問に思っていることがあればご相談くださいませ!! ではまた次回にお会いしましょう。



スポンサードリンク

関連記事