電気ケトルの寿命が2年だなんて知らなかったし、10年目目前で「とけてきた」し



土鍋愛好家な妻とその土鍋でつくる「すじ大根」愛好家な夫が言った。年末年始の夜は毎晩、土鍋でつくったすじ大根が食べたい。だから『炊飯器をかえばいいじゃない』――しかし狙いを定めた炊飯器は展示品の1台を残して売り切れていた!



電気ケトル界の王様『T-fal』に寿命が訪れた


2017年末、海外赴任中の夫はすでに帰国しており「すじ大根とビール」というお決まりセットに満足しながら、妻が録りためていた2017年下半期のダウンタウンなうに笑っている。

妻であるわたしはというと、2018年こそは病いに倒れたくない! 【無病息災】【家内安全】を本気で願っているし【良縁を切りたくはない】から、なにがなんでも正月三が日は刃物に触れない・触りたくもない! 正月料理と一般料理の仕込みにKitchen Warを繰り広げている。

「すじ大根、おかわりある?」
「もうないです」
「炊飯器は?」
「縁の有無を調査中」※「縁」の詳細は前編にて……
「そしたらさ、くず湯を作って~」

年季の入った10年選手のT-falの電気ケトルでお湯を沸かす。本当はお鍋で作った方がとろとろの美味しいくず湯(またはしょうがくず湯)に仕上がるんだけど、台所はもっか戦争中。しばらくの間、コンロに空席はない。


カップ1杯分のお湯ならものの数十秒で沸き上がるのが、電気ケトルが流行った理由のひとつといえよう。さあ、いた。



電気ケトルの壊れ方・注ぎ口/注水口部分が崩れ落ちた


ケトルの取っ手に手をのばしたら、目の前で信じられないことが起こった。電気ケトルの「クチバシ」のプラスティックの蓋が、モロモロモロモロ……と崩れはじめて、ケトル内にモロモロの破片が沈んでいった。

「ちょっとー!」

妻の絶叫に驚いた夫が台所に駆け込んでくる。「クチバシがモロモロとれた! モロモロモロモロっと落ちてった!」と意味不明な供述をしている妻と「へぇ、こんな風に寿命ってくるのか」と感心している常に冷静な夫。

2人して調べてみると確かに「クチバシのプラの部分がとけ落ちる」と書かれてある記事をいくつも見つけた。 価格.com 寿命 (電気ポット・電気ケトル)のクチコミ掲示板


「縁」で結ばれていたSHARPの炊飯器KS-C5K-B


年末年始に電気ケトルのない暮らしは無理だろう! ということで、10分後には――家から徒歩5分の大型家電量販店内にいた。電気ケトル売り場に向かう途中、夫が言った。

「例の炊飯器が売れてるかどうか見てみようよ(笑)」
「売れてんちゃうかなー。1か月前で在庫ゼロの人気商品やで」
「展示品が残ってたら買う?」
「展示品は嫌だ……ってそっちが思ってないなら、買いたい」
「別に嫌じゃないよ、僕は」


あった! 展示品限り、さらにプライスダウン! という札が堂々と貼られたSHARPの炊飯器/KS-C5K-B。6000円とほんの少しで炊飯器が買えた。いえーい

小キズや見知らぬ誰かの指紋が多くついていたりしたら、潔く諦めようと思っていたけれど、内も外も底も念入りにチェックした結果、“カレ”は1か月前となんら変わらぬ美しいつるんとした顔をしていた。

縁のあった炊飯器



12月末、夜の家電量販店は大賑わい。客層を見ると「夫婦」「家族づれ」で溢れている。とくにテレビやレコーダー・テレビ用の外付けHDD・オーディオコーナーのあたりは通り抜けられないほどの人ごみができていた。

「皆、家族で年末年始の番組を見たり録ったりするんだね」
「あっ、なるほど」

-わたくし春乃れぃの本-



はじめから本命視される女の子と1か月以内に本命視される女の子と、3か月たっても「キープ扱いのまま」の女の子の違い
17話】【18話】【19話期間限定セット割引あり
   


新しい電気ケトルのある暮らし・『T-fal』アプレシア Ag+ ロック0.8L


見た目のスタイリッシュさでは、常に在庫不足が起きているほど人気の高いアプレシア エージー・プラス コントロール 0.8Lに軍配が上がるのだけど、

元・愛煙家のバカ舌夫婦に「飲み物にあわせて選べる7段階の温度設定」による細やかな味の違いなど分かるはずもないと、人気の高いアプレシア エージー・プラス コントロール 0.8Lは脱落。




「僕は帰国した時しか使わないから、毎日使う麗ちゃんが使いたいケトルを選べばいいよ」

というわけで『T-fal』アプレシア Ag+ ロック0.8Lの黒に決定。炊飯器も黒、電気ケトルも黒。ふふーん、なかなかいい感じ。



蓋が大きく開いて「とりはずせる」ことに新鮮さと驚きと喜びがあった。
けれど購入から2日間くらいは蓋がとりはずせることに慣れないからこその使い勝手の悪さを感じたりもしたし

『ロック機能』にも同様の慣れないからこその使いづらさを覚えたりもした。もちろん今ではなんら問題なく、日夜フル稼働してもらっている。



新しい炊飯器のある暮らし・SHARPの炊飯器/KS-C5K-B


炊飯器は価格.comのレビューでどなたかも書いておられたように、下記の赤点線部分に「水が溜まりやすい」という点こそ確かにあるものの

⋆画像、お借りしました


片づけ好きなわたしにとっては、キッチンペーパーにその水気をしみ込ませてすいすいと拭き取れるのでありがたい。また、内蓋がすごく軽くて外しやすいためこちらも洗いやすく乾きやすい。

この記事をまとめるにあたり改めて気づいたことだけど、わたしにとっての家電選びの最重要ポイント&優先順位は「掃除がしやすいか」「洗いやすいか」であるようだ。さすがは無類の片づけ魔を自称するだけのことはある。
スポンサードリンク


――ある日のレッスン中、1人の生徒さんと4時間超『ガールズトーク』を楽しんでいた。聞き上手な生徒さんを相手に新しい電気ケトルと炊飯器についても嬉しそうにキャッキャ と話してしまった。

「知ってた? 今の電気ケトルって蓋がパカッと取れるんだよ!」
「知ってますよぉぉ!! 取れるのがふつうです!!!(大爆笑)」

えっ? そうなの? いつのまに?!


💚本日の一曲:あいみょん/愛を伝えたいだとか




スポンサードリンク

関連記事