ダイアンの津田さんの面白さを世に伝えたい【1】



関西では知らぬものがいない漫才師・ダイアン。しかし全国区となるとまだまだである。だから今回は画像をたくさんお借りして、画像とともに語らうのだ。

ダイアンファン神戸支部を名乗るわたしとしては、関西特有の笑いを毛嫌いする都市の皆々にダイアン(をはじめとする関西芸人さん)の面白さが伝わりきらないとしても仕方ないと思っているし、『笑いという感性・センス』を押しつけることもしたくない。

だからこの記事は「ダイアン、好き!」「ダイアン、面白い!」「ダイアン、最近ちょっと気になってたんですーすすー」と普段から思っている皆々様へダイアンの更に面白いところを伝えたくて書きました。

まずはダイアンの津田こと、津田さんから。





ダイアン・津田篤宏-つだあつひろ-



本名:石村篤宏……妻・理絵のお金持ちの祖母の婿養子に入ったので、本名は石村である。しかし芸能活動は津田で行っている。三児の父。


 ダイアンのツッコミ担当。しかし突っ込みどころが満載な人物でしかない。性格はミスターテンパり。基本的にテンっぱってるか癇癪を起しているか、過緊張で焦りまくっている。
 
 緊張しすぎて漫才締めの「もうええわ」を忘れる。冠ラジオ番組の「どなり」を忘れる。高校受験に落ちる、なんてことはざらである。※今後このあたりはきっちり書く

 三児を産み育てている愛と優しさに溢れる妻・理絵はお尻が大きく歯ぎしりが酷いため、ラジオリスナーの間では『ケツぎしり』と呼ばれ崇められている。


ダイアン・津田の家族構成


ダイアン津田さんの母・きみ子(若い頃)

三人兄弟の末っ子として、母・きみ子からたいへん甘やかされて育ち、甘えん坊ゆえに反抗期が激しかった。同級生である相方・西澤がドン引きするほどの強い反抗心。しかし今は「兄弟でいちばん母に優しくしてる」と言い張っている。

 長兄は幼き津田少年にとって憧れのカッコいい兄だった。しかし大人になるにつれ、どんどんと険悪な仲となる。母の面倒などを次男や三男の津田に押しつけたり、我れ関せずな姿勢をとることから津田さんの長兄へのストレスは溜まる一方である。





 次男のケンジは、滋賀県で滋賀県立大学近くにあるダイニングカフェ『Clap dining-クラップダイニング』を営んでおり、三男である津田さんとの関係は良好。

Clap dining公式ツイッター



 母・きみ子はケンジ家族と同居。きみ子の部屋にあるテレビとクーラーの購入費を全額負担したのは津田。優しい。しかし、ラジオでは「なんで俺が!」と、ぶち切れ済み。
 
 基本的に津田は高校受験にも落ちるし、テンっぱってるか癇癪を起しているか、過緊張で焦りまくっているのでラジオ内でキレて騒いでもファンもリスナーも誰も気にとめない。いつものこと、いつものこと。

 母・きみ子はカフェのコンセプトと違うため(おばあちゃんだからね 笑)キッチンからホールに出てきて接客するのはNG。キッチンから出てきたら次男・ケンジに叱られちゃうのです。by.津田談

スポンサードリンク


ダイアン・津田と次男ケンジのウォークマン事件


次男のケンジと三男・津田少年のほのぼのエピソードとしてファンの間で有名なのが「ウォークマン事件」である。簡単に説明すると――

 1. ケンジ、新作のウォークマンを買って帰宅
 2. ケンジ、津田以外の家族にウォークマンを聞かせる
 3. 津田、「次は俺が聞かせてもらえるのかな?」とワクワク
 4. ワクワク
 5. ワクワク
 6. ケンジ、津田だけにウォークマンを聞かせず
 7. 津田、悲しくてやりきれなくて腹が立って、泣きながら新作のウォークマンを取り上げて、家の前のどぶ川に投げ捨てる
 8. ケンジ、母・きみ子に「あんたが意地悪するからや!」とブチ切れられる
ダイアン津田さんの兄・ケンジ氏

――そんなケンジと津田も今はとっても仲良し兄弟。ケンジのお店『Clap dining-クラップダイニング』は大人気店です。ぜひ!!! 本日はここまで。※画像、たくさんお借りしました



💚本日の一曲:情熱大陸「め組のひと~ランナウェイ」



スポンサードリンク

関連記事