会話が続かないから人と話すのが苦手・沈黙が怖い・いつの間にかコミュニケーションが得意ではなくなってしまったなら……

 


コミュニケーションに悩んでいる人は、わたしが主宰するレッスンの生徒さんの中にも友人知人の中にも多い。コミュニケーションに悩み、他者と話すのが
いつしか苦手になっちゃった人に共通する話し方はいくつかあります。

オブラートに包んだ書き方をすると、本当に伝えたいことが間延びして伝わりきらんのでハッキリ書きます。でも悪意はないのでご安心を。ではまいります。

コミュニケーションに悩み、他者と話すのが『いつしか苦手になっちゃった人に共通』する話し方あるある10――。


 A. 相手を退屈にさせる話し方をしている
 
 B. 相手を聞く気にさせない話し方をしている
 
 C. 相手から集中力を奪う話し方をしている
 
 D. 沈黙を埋めようと、どうでもいい質問やどうでもいい話をする
 
 E. 話があちらこちらへ飛び、本質からズレていく話し方をしている
 
 F. 自分自身で「話のハードル」を上げてから話しはじめる
 
 G. オチを最後に持ってきた方がいい話なのに、初めにオチを言う(※1)
 
 H. 初めにオチを言った方がいい話なのに、オチを最後に持ってくる(※2)
 
 I. 相手がその話に興味を持っているか否かを感じ取ず/感じ取ず、話し続けている
 
 J. 意見や感想を言うではなく「うん」「はい」「ん~」「そうですね」を言う方が圧倒的に多い。リアクションが薄い・弱い。つまりコミュニケーション不成立であり、コミュニケーション放棄とみなされる。 
 
 K. and more...
   


人の「集中力が集中」するのは2分、集中力の「持続MAX」は15分


書店に出向き、小説やエッセイなどを買うか買わないかを決める時に初めの1~2ページ、もしくは最後の編集後記や作家プロフィールを見て購入可否の最終決断をする人が多いそうです。

Amazonなどのオンラインで買う際には「出版社からのコメント」や「トップカスタマーのレビュー」と「が少ない人のレビュー」を数個読んでから購入可否を決める人が多いそうです。

ドラマの初回放送は冒頭の数分~十数分がつまらなければ「ハズレかも……」と思い、集中力が欠けてしまいませんか? 

わたしは集中力が欠けるどころか【pause】→【立ち上がりキッチンへ】→【熱いお茶を淹れ】→【ソファに戻り】→【TV用のリモコンは手放し】→【お得意のAmazon Fire TV Stickリモコンを手に】→【居酒屋ふじ ハゲタカの大森南朋さんが放つのオトナの男の色気を堪能する】


 
結論:冒頭がつまらなければ早々と離脱・脱落、集中力ゼロモードへ
理由:人の「集中力が集中」するのは2分、集中力の「持続MAX」は15分だから
   
 
まずはこちら↑をご記憶いただければ幸いでっす。


なぜ、冒頭からつまらないと「退屈」を感じるのか?【A-ans,】


登場人物に興味がない ←コレ!

これを会話に置き換えると「相手が、興味のない人物の話題や、相手が、興味を持てなさそうなモノゴトの話題」を冒頭に持ってきてしまうから、相手は早々に『離脱・脱落・集中力ゼロモード』に入ってしまう。

例えば、3歳の男の子に「俳優のね、大森南朋さんの魅力ってね……一言では語れないんだけどさ、でもね? とりあえずハゲタカを見れば魅力の一部は分かると思うんだ。君が3歳だとしてもさ!」なんて話さないでしょ? 

なぜ話さないか?


残念ながら3歳男子は大森南朋さんに興味ないってことを、分かってるからじゃん?
だから3歳男子には、3歳男子が興味を持ちそうな話をするでしょ?

大森南朋さんがどれだけ色気を垂れ流そうとも「ハゲタカ」を見せるより、きゃつらには「Eテレ」を見せる方が喜んで集中してくれるでしょうな。世のママ的にはその方が家事もしやすかろう。そうだろう。



スポンサードリンク

   


相手を退屈にさせる話し方~妻と夫あるある


「ちょっと聞いて、2軒隣の山田さん家の奥さんが!」
「ほぉん」
「ちょっと! 真面目に聞いてる?!」
「あぁ……ん?」

2軒隣の山田さん家の奥さんに、世の夫は興味がないのです。だからこそのこの薄いリアクションなのです。
   
▼恐らく表情だって目だって「興味ねーっす」を物語っているはず

▼それなのに集中して話を聞け! なんてのは、もうそんなの強迫ですよ。拷問ですよ。酷いにもほどがありますよ。

▼だって興味ないんだもの、山田さん家の奥さんの話なんて。3歳児に大森南朋、夫に山田さん家の奥さんの話はタブーです。集中してもらえないから、興味も持ってもらえないから。

アナタがもしも日本史や歴史、昆虫や恐竜にまったく興味がないとして。
それなのに「集中して聞け!」「真面目に聞け!」と夫や彼氏、飲み会で知り合ったばかりのイケメン風男子にやられたらどう思いますか? 

すんげーヤじゃない? 拷問じゃない? 帰りたくない? それと同じ。


コミュニケーション・会話「上達への道」第一のステップ


 A. 相手を退屈にさせる話し方をしている――かもしれない、と自覚する。疑ってみる。
 
 I. 相手がその話に興味を持っているか否かを感じ取らず/感じ取れず、話し続けている――かもしれない、と自覚する。疑ってみる。
 


コミュニケーション・会話「上達への道」第二のステップ


相手がどういった話に興味を持っているか、相手はどういった話題になら興味を持って耳や心を向けてくれるのかを「知ること」。まずはそこから。

服装やヘアスタイルなど「ひと目で傾向が分かる・分かりやすい」場合と、分からない場合があると思います。分からない場合は先ほどの3歳男子の例に挙げたように一般的な総合判断をしてみましょう。

大森南朋さんの魅力が分かる3歳男子もいるでしょう。しかしそんなのは極々少数派です。一般的なふつうの大多数の3歳男子の興味や好奇心をそそるのはEテレのアニメや知的バラエティ、オモチャとかそんなんでしょ? わたし、子どもがいないのでよく知りませんけども。


▼囲碁将棋が得意で趣味としている20代前半男子もいるでしょう。
 しかし一般的なふつうの大多数の、と考えた場合はどうでしょう?
 囲碁将棋の話題に集中して興味を持てない20代前半男子の方が多いと思う。


▼スマート家電をはじめとする最新ガジェットの類に並々ならぬ興味を持っている70代男子もいるでしょう。
 しかし一般的なふつうの大多数の、と考えた場合はどうでしょう? 
 最新ガジェットの話題よりも盆栽と祥子の美ボディと隣町のトメ子婆さんに胸とカラダを熱くする70代男子の方が圧倒的に多い。


リアクションが薄いと可愛がられにくい【J-ans,】




 J. 意見や感想を言うではなく「うん」「はい」「ん~」「そうですね」を言う方が圧倒的に多い。リアクションが薄い・弱い。つまりコミュニケーション不成立であり、コミュニケーション放棄とみなされる。 
   

上記のヒントになるようなことが、バナナマン+おぎやはぎ+オードリーの6名のMCでお馴染みの『もろもろのハナシ 2017年9月13日』の中で、ほんの一部ではありますが

リアクションが薄いと可愛がられない例として、とっても分かりやすく挙げられていました。

番組内ではあくまでも「(先輩に)奢られた際・食事に連れていってもらった時」の例として扱われていますがこれはどんなシチュエーションやどんな人間関係においても言えることですよね。







自分のしたい話をしたい時に相手かまわず、コミュニケーション云々など考えずにただただ話したい! ←な人に向けてこの記事は書いていません。

自身のコミュニケーション力やトーク力に悩み、他者と話すのがいつしか苦手になっちゃった人に向けて書いています。
人見知りを克服したい・コミュニケーション力を身につけたいと必死になってもがいていた約10年前のわたしに向けて書いています。

人見知りを盾に、コミュニケーションを相手まかせにして甘えてたら三十代半ばで大切な友だちがどんどん減っていったぜ、縁を絶たれまくったぜ「感じ悪すぎる」とばっさり斬られたぜ――。

だってさ? 30代の男女って皆「自分のことに必死で忙しい」から、他人の優しさに甘えてるだけの30代なんて……そりゃ切って捨てられるわ。今さら分かる、今なら分かる、だから今もなお猛省しつづけてる。

(気分が向いたりアクセスが多かったら、つづき書きまーす)

❤本日の一曲:TOKYO CULTURE STORY in 40 YEARS OF TOKYO FASHION & MUSIC presented by BEAMS


スポンサードリンク

関連記事