「Amazon Fire TV Stick は Amazing Fan TA Stic!!!」~歳の差婚した若い夫は稀に見る最高の夫



Fire TV Stick は ファンタスティック!


ストレスを与えてくるのは、いつもいつの世も人間」で書いた通り、ほんの数日前までわたしは闘っていた。ストレスを与えてくる者たちに対する燃えるような苛立ちを心から追い出し、頭の中にしつこく鎮座している思い出したくもない嫌な記憶を追い払うために自分と闘っていた。

もうだいぶマシかな。
あと少しかな。
ベッドから飛び起きてもふらつきませんように。
めまいで座り込むことが、今日こそは1度もありませんように。

眠る前にかけたおまじないが効いたのか、インターフォンで飛び起きてもふらつきは少なかった。汗まみれのクロネコさんが届けてくれたAmazonからの段ボールには見覚えがなかった。

わたしはなにを買ったんだろう?
そんなことすら忘れてしまうくらい、病んでいたのかしら?
それともよくある、おくりつけ詐欺なのだろうか?
だとしたら開けるのはまずくない?

恐る恐る開梱すると、濃いオレンジ色の小さな箱。縦15.5cm×横9.0cm×厚み3.0cm程度の小さな箱。そこにはこう印字されてあった。


Amazon Fire TV Stick-アマゾン ファイア テレビ スティック


ネットで見たことがある。聞いたこともある。CMでもやってた。楽しそうな家族が楽しそうに演じてた。雑誌でも見かけた。でも使い方が難しそうだと勝手に決めつけて、興味がないことにしていた。

そんなAmazon Fire TV Stick-アマゾン ファイア テレビ スティック-が、頼んでもないのに我が家に突然やってきた。心当たりはない。そもそもわたしは買ってない。夫だろうか? でも……米国Amazonと日本Amazonはアカウントの共有はできないはず。※.comとco.jpだし 


「そろそろ届いた頃じゃないかなーと思ってLINEしてみた」
「やっぱり! ありがとう。でも、どうやって注文したの?」
「この間ね、内緒で一時帰国したんだ。注文履歴を見られなくてよかったー」
「えー! 知らんかった!」
「リビングでリラックスしながら、頭の中を楽しい人や面白い人、笑える話で埋め尽くして」
「ありがとう。心配かけてたんだね……ごめん。ありがと」
「Wi-Fiで繋がるからカラオケスナックの音がうるさくなったら、Bluetoothのイヤホンとかヘッドフォンで音を聞けばいいし」
「おおお……! 至れり尽くせりすぎー! ほんとありがとう、めっちゃ嬉しい」
「次に帰国したら俺も観よーっと」
「接続むずいかな?」
「ネットで見た限りでは5分とかからないみたいだよ、HDMIに差し込むだけ。家のテレビはHDMI端子が3つあるから無問題。ちゃんと調べて注文してる俺いい旦那でしょw」
「いい旦那すぎるよー! まーじかよー! さっそくやってみる!」
「じゃ俺、そろそろ寝る準備するわ」

-10分後

「Amazon Fire TV Stickは、Amazing Fan TA Stic!」 ※Amazing fantastic! すげぇすげぇ、超すげぇ! の意
「お、うまいじゃん(笑) もう接続終わったんだ?」
「ちょー簡単! あっという間だった。youtubeがテレビで観られるなんて感激
「よかったじゃん バナナマンと関ジャニ∞クロニクル、好きなだけ観られるね」

スポンサードリンク
 

大人の楽しすぎる有能オモチャ「Amazon Fire TV Stick」


人間とはゲンキンなものである。いや、わたしが単純なだけかもしれない。単純さアメーバ級。Fire TV Stickが楽しくて楽しくてたまらない。リビングのテレビでソファに寝転がって観るyoutubeやカリギュラ・ドキュメンタル2nd、懐かしのM-1、その他国内外の映画やドラマが楽しくて快適でたまらない。

Fire TV Stick、なんて面白いんだよ!


いったいどのくらいの人がAmazon Fire TV Stickを購入し、満足しているのだろうとAmazonをみてみた。




入荷予定が8月入りなのは、Amazonプライムデーがあったせいか。それともこのくらい待つのがふつうなほど売れまくっているのかしら?


\ 超がつくほどたーのしぃー /




Amazon Fire TV Stick ちょー楽しい。ストレスであんなにも苦しんでいたのが夢のよう。もうすっかり通常ポジティブモードに戻ったぜ。Fire TV Stick、まじでアメージング! やっばい! 7月の夏休みが楽しみ過ぎて仕方ないっっ!


スポンサードリンク

関連記事