スマホ首以上、ストレートネック以上、の異常




スマホ首以上、ストレートネック以上、の異常


首の骨と背骨の歪みやズレが起因となり、異常としかいえない症状が次々と顔を出しては痛みに悶えた毎日。1日でも早く健康なカラダになりたいという前向きな思いは、日々の痛みに消えていきました。

健康なカラダを手に入れるまで、わたしの精神が持たない。

嘘でも大袈裟でもなく、気の強いことで知られるわたしが生きる気力をなくしかけました、それはもう何度も。死にたいと、死をコトバに出したのは恐らく1度だけ。けれどこんなにも苦しい思いが続くなら生きることを諦めたいと心の中だけで繰り返し叫びました――。

このくらい酷いことになります、かつてのわたしのように首の骨と背骨の歪みやズレを「見ないふり」していると。首こりや肩こりを「ただのこり」だと手短な処置対応で済ませていると。これは脅しでもなんでもない。

スマホ首・ストレートネックの自覚症状があるうちに


パソコンやスマホなど、首が前に落ちる姿勢をとらざるをえないアイテムが生活必需品となっている現代において予備軍は笑えるくらいの数、存在しているはずです。スマホ首やストレートネックなど症状に名前がつく間に治療をはじめてください、できるだけ。

わたしの症状はあまりにひどく、それらの域をはるかに超えていました。「これだけひどいのに病名がつかないのは、ストレートネックなんて可愛いものじゃないからですよ」と医師から言われた日の記憶はまだまだ鮮やかです。

カイロプラクティクスで骨の矯正


わたしに合った骨の『矯正方法』としてカイロプラクティクスを選びました。
インターネットを使って信頼できそうなところをいくつか見つけだし、東京にいた頃にパーソナルトレーニングをお願いしており、現在は仕事仲間でもある木村トレーナーに最終的に選び抜いてもらった「こちらのカイロの先生なら信用できると思います」と太鼓判を押された治療院へかれこれ半年通っています。

信用できそうなカイロプラクティクスの選び方


あくまでもわたしの独断ですが、ネットのクチコミの良し悪しは6割ていどしか信用しません。その理由はこの世の中には“クチコミ業者”なるものが数多く存在しますし、同一人物が口調をかえアカウントを増やし時期をずらしてクチこむことだって可能だからです。

  •  地域密着型 ※駅近、交通の便よし
  •  院内と院外がドアで完全に「隠れていないこと」 ※下半分がガラスなど
  •  開院~10年前後~同じ場所で営業中
  •  完全予約制
  •  先生は男性で1人 ※スタッフを雇っていない
  •  先生の年齢は、三十代後半から四十代半ばあたりまで
  •  先生ご本人がしっかりと「定休日を2日(連休)」とっていること ※体力仕事でしょうから、先生ご自身が骨休めをしているか否かはわたしにとってとても重要な判断基準なのです。身内に医療従事者がおりますもんで。


なぜこれだけ厳しい条件で探したかというと、首の骨・背骨という今後の人生を大きく左右するとてつもなく大事なパーツを預けるから。

慎重になりすぎても足りないくらい慎重に慎重を重ねすぎて、スマホを見る目と首が痛くなるほど(←おい!)の思いをしてようやく見つけた先生は……大正解としか言いようがありません。

わたしにはカイロプラクティクスが合っていた


首の骨こそ、2017年6月現在――お世話になっておよそ半年――でまだ「50%くらいの改善」と断言されていますが、それ以外の長患いである腰痛やふいに上がらなくなった肩(いわゆる四十肩・五十肩などと呼ばれるようなもの)や、足首のひねりや骨盤の歪みなどは……たった1回の施術で跳ねるように家へ帰られるレベルに矯正してくださいます。

そのくらいのスゴ腕をもつ先生であると同時に、そんな一流のカイロプラクターを以ってしても「パソコンに向き合う仕事をしながらの治療 1日平均6~8時間はパソコン前に座っています」+「10年以上の悪い姿勢からつくられた首の骨と背骨の歪み」との戦いはまだまだ終わりそうにありません。


一進一退です、ほんとに! 一歩一歩です、ほんとに!

もちろん、カイロプラクティクスだけに任せるのではなく自宅できっちり「ストレッチ」をも行っています。カラダのために買い揃えたグッズもいくつかあります。ストレッチってすごいですよ、ストレッチの継続は自分のカラダを裏切らない。そのことを痛感した出来事がありました。


HARUNO新作配信スタート



スポンサードリンク

関連記事